役立つアプリ ~陣痛&予防接種~

2015/09/17 10:59
妊娠中は、初めてのことも多く、いろいろ心配。 私は年中情報収集に励んでいました。 さまざまなWEBページやアプリを使って、 「うちの子大きめだなぁ~」とか他の子がどれくらいかなどを見て比べたり…楽しんでいました。 その中で、これは本当に便利!というアプリを2つご紹介。 陣痛時計 https://itunes.apple.com/jp/app/zhen-tong-shi-ji-chu-chan/id415881849?mt=8 陣痛の時間を..

続きを読む

妊娠生活③ ~やっておいてよかったこと~

2015/09/09 21:29
今回は、妊娠中にしておいてよかったことを記載したいと思います。 特にバリバリ働いていた人は、産休に入ると「することがない!」と今までと異なる生活に戸惑いを覚えるかも…。 私自身、最初の1Wくらいは、電話やメールに常に追われて分単位で仕事の能率などを考えていた日々から、だーーーーれからも追われない日々になり、頭が空っぽになりそうだ…と思ってました。 平日なんて遊べる友達もほぼいないし、一応臨月なので用もないのに出かけまくるのも気が引けるし…という状態。 ..

続きを読む

山王病院 出産レポ⑧ ~出産を終えた夜~

2015/09/09 14:20
⑦からの続きです♪ 分娩室で2時間過ごし、問題がないので、お部屋へ。 出血と麻酔とで暫くはフラフラのようで、トイレまでもままならない状態だった。 顔色もあまりよくない、と言われたが、自分としてはかなり元気だった。 何しろ痛みから解放され、しかも愛息子が誕生したことで高揚感あふれていた。 豪華だが全く食欲がわかず食べたくなかったご飯もモリモリ完食。 実父、義父母も初孫を見に夕方来てくれ、にぎやかな時間を過ごした。みんなが息子の誕生を心から喜んでいた。..

続きを読む

山王病院 出産レポ⑦ ~出産直後~

2015/09/09 14:11
⑥からの続きです♪ その後、処置を終えた息子が私の腕に。 本当に小さくて、さっきまで私のお腹の中にいた、ということが本当に不思議だった。小さいのに、指も爪もしっかりあって、夫が指を差し出すとぐっと握る。生命の神秘だ。 2時間そのまま安静ということで息子と夫、そして分娩室の外で待っていた母と色々な話をした。 私も至って元気だった。出血が少なかったからかな。 結局入院から出産まで32時間とかなり長丁場に。 計画分娩ができずに、陣痛に苦しんだ。 ただ、分娩..

続きを読む

山王病院 出産レポ⑥ ~誕生~

2015/09/09 14:03
⑤からの続きです♪ 分娩室への移動は、点滴中のため、ストレッチャーに乗せられた。ビデオカメラや飲み物等を夫に託し、いよいよクライマックスに突入! 計画分娩でLDRで優雅に出産・・・を想像していたのだが、陣痛が祝日に始まったことでまったく想像とは異なった出産体験に。この分娩室にも入る予定はなかったのだが。 分娩室に入ると6人ほど助産師さん、先生がいて物々しい雰囲気。 分娩台にのると、「先ほどのようにいきみを頑張ってください」と言われる。夫は私の右側で手を..

続きを読む

山王病院 出産レポ⑤ ~念願の麻酔!~

2015/09/09 10:23
④からの続きです♪ 悶え苦しみながら2時間が過ぎ、ついに麻酔医の先生が登場!! 麻酔についてリスク等含め説明されるが、もはや痛みで全く頭に入らず…。 なんでもいいから早く!というのが本心だった。また注射を打つにも陣痛がくると、体を静止しておくことができないため、「今、痛いです!!」とわめき、先生も「痛くしてごめんなさいね」と悪くないのに謝る始末。 麻酔同意書にサイインを、と求められ正直もう何も訴えたりしないから!と心の叫びを抑えながら、なんとかグテグテの文字で署名..

続きを読む

もっと見る