第二子妊娠~8W流産まで①

久しぶりの更新です。
やっぱり子育てしながらは、なかなか時間がとれません。。。

タイトルにある通り、先日、第二子を39歳で授かりましたが、残念ながら8週で流産となってしまいました。
流産て、よほど親しくなければ、人には言わないし、色々と経験し、初めて知ったことも多く、
こちらで経験をシェアできれば、と思いました。

はじめに。。。
第一子を妊娠したのは36歳の時。抱えていた大きなプロジェクトを終えてから産休に入れるように。。。と
また保育園事情も加味し、5月生まれがいいと思い、思い通り授かった子でした。
ブログ前半に書いてますが、つわりもなく、妊娠中、10日以上の海外出張も2回行き特に問題なく出産を迎えました。
37歳の出産時こそ、予定外の陣痛を味わいましたが(無痛の計画分娩予定だったので)、
出血も少なく、産後の回復も早く、息子の発育も順調でした。

産後、授乳中の5カ月で生理も戻り、とにかく健康なのかな、と今思えば、過信していました
年齢のわりに順調過ぎたこともあり、どこかで、第二子も同じ調子でいけるかな、と
甘くみていたんですね。。。

育休から復帰し、2年くらいは働いてからもう一度産休をとり。。。保育園もあるからまた5月がいいな、
なんて勝手に青写真を描いて妊活を開始しました。

しかしながら。。。
最初の2カ月は、授かることができませんでした。基礎体温を測り、排卵日もずれてないのに

そして3月目。あー、体温微妙だけどどうかな、と思いつつ、
予定日から判定可能な妊娠検査薬をためすと、うっすら陽性反応がでました

やったーーー
7月生まれもいいかな!と心を躍らせながら、その後の通院スケジュールなどを立て始めました。

②へつづく。。。

この記事へのコメント