役立つアプリ ~陣痛&予防接種~

妊娠中は、初めてのことも多く、いろいろ心配。
私は年中情報収集に励んでいました。

さまざまなWEBページやアプリを使って、
「うちの子大きめだなぁ~」とか他の子がどれくらいかなどを見て比べたり…楽しんでいました。

その中で、これは本当に便利!というアプリを2つご紹介。

IMG_3304.PNG

陣痛時計
https://itunes.apple.com/jp/app/zhen-tong-shi-ji-chu-chan/id415881849?mt=8

陣痛の時間を測るアプリで、ほんとーーーーに役立ちました。
山王病院では、「陣痛間隔が10分きったらお電話ください」と言われていました。
病院に来てください、といわれるタイミングや自宅からの距離や初産婦さんか…等で異なるようなのですが、どこの病院も陣痛が進んでいないと入院させてくれません!!

そもそもお腹が痛いなぁ、と思っても初めてのことなのでこれが陣痛なのか!?ということが最初全然わかりませんでした。
私の場合、夜中に目が覚めるくらいの痛みを感じ、でも陣痛かわからないのでとりあえず、
・何分続くか
・次いつ痛くなるか
を測ってました。

その時は、持続時間も間隔もバラバラだったので、おそらく前駆陣痛だ、と判断しました。
その後ダラダラと前駆陣痛が続いたのちに、いつの間にか間隔も定期的になってきて、「本陣痛」に突入!という感じ。

本などには、間隔、時間を測りメモ…とありましたが、そんな余裕全くありませんあせあせ(飛び散る汗)
痛いし、眠いし、頭は回転しないし…

そんな時にこのアプリは、「スタート」と「ストップ」を押すだけで、記憶してくれ、間隔も持続時間も一目瞭然!!
病院に向かうタクシーでも使用し、本当に重宝しました。

陣痛アプリなので、本当に陣痛でしか使わないのですが(笑)弱っている時の強い味方です♪

そして、これが今大活躍している「予防接種アプリ」
IMG_3305.PNG
予防接種
https://itunes.apple.com/jp/app/yu-fang-jie-zhongsukejura/id499802103?mt=8

私は出産し子供を持つまであまり知らなかったのですが、
予防接種、生後2カ月からとてもたくさんあります!!
1回、4本や5本注射を打ち、この注射は4週間あけて…こっちは…等打つ間隔も、回数もものによって異なります。

また、定期接種(全員打つもので無料)と任意(1回15000円とか高いものも多いですあせあせ(飛び散る汗))があったり、とまさに複雑怪奇バッド(下向き矢印)

このアプリは、いつ何を打ち、次はいつかなどスケジュールを管理してくれます!
今はまだ免疫もあり病気になってませんが、今後病気で接種できなかった…なども多々出てくると思いますし、ますます活躍しそうです!

育児も出産も様々なツールを使える時代ですね!

この記事へのコメント